Add Value Printing 高付加価値印刷

印刷物に表面加工や特殊印刷を施し、通常の印刷では表現できないデザイン性を持たせ、その商品価値をさらに高めていく。見る者にインパクトを与え「見た目の差別化」や、「手に取って触りたくなる様な感覚」で、記憶に残る捨てられない印刷物を演出する。それが、高付加価値印刷です。杜陵印刷は、その手法を熟知した営業が、お客さまに最適なご提案を致します。お気軽にお問い合わせください。

  • 発泡印刷

    発泡印刷

    モコモコしたような風合いを表現

    加熱すると盛り上がる発泡インキを使う印刷です。モコモコしたような風合いに仕上るのが特徴です。印刷で雪や雲などの質感や点字などのデザインを表現する用途で使用できます。発泡時に面積が広がるため、線画などの細かい表現には不向きです。

  • UV厚盛印刷

    UV厚盛印刷

    部分的な凹凸で艶感・質感を表現

    専用の特殊インキで厚く盛り上げる印刷方法です。部分的に凹凸を作り出し、艶感・質感が表現できます。ポスターやパンフレットの表紙などの協調したい部分にインパクトを与え、高級感を演出します。用紙や下地の色によって効果に差があります。応用として、点字印刷もございます。

  • ラメ印刷

    ラメ印刷

    きらびやかな効果を表現

    インキの中にラメ粉を混ぜて印刷します。ラメの輝度と乱反射等のきらびやかな効果でインパクトを与えることができます。ラメ粉は、金・銀・赤・青・緑など多種あります。

  • テクスチャー印刷

    テクスチャー印刷

    見るだけでなく触って楽しめるリアルな質感

    UV照射で固まるインキで印刷し、様々なテクスチャー(感触・質感)を表現します。デザイン・印刷技術・インキを組み合わせ、革・木目・石など様々な素材の質感をリアルに表現します。凹凸感やザラザラ・ツルツルなど、見るだけでなく触って楽しめるインパクトのある印刷です。素材の見本帳印刷にも使用されます。

  • ステレオ箔押し

    ステレオ箔押

    裏面に凹みができないステレオ箔押し

    通常の箔押しとは違い、箔押しされた部分が盛り上がっている加工です。浮き出し箔とは違い、シルクスクリーンでニスを厚盛り印刷した上に、箔押しする技術ですので裏面に凹みがありません。

  • インラインフォイラー(コールドフォイル印刷)

    インラインフォイラー(コールドフォイル印刷)

    多彩な箔表現が可能になります

    カタログやパンフレットなどに使用する箔押し(ホットスタンプ)とは違い、箔を専用糊で接着転写させ、その箔の上に印刷します。この印刷技術を使えば、従来の箔押し加工では表現できなかった網点によるグラデーションや、微細な線や文字の表現も可能とし、多彩な箔表現の世界が広がります。

    注意点は、使用する用紙によって箔接着が甘くなり、箔が剥がれてしまう紙が存在することです。 適性紙としてはコート紙・コーティングされた板紙などで、マット紙・上質紙・微塗工紙では接着糊を吸ってしまう為に箔接着が甘くなります。また、箔押しに比べ、輝度が多少落ちます。

  • 疑似エンボス印刷

    疑似エンボス印刷

    低コストでエンボス効果を実現

    UV用のOPニスと光沢UVニスという2種類の性質が異なるニスを組み合わせて使用することにより、オフセット印刷でエンボス調の凹凸をつくり、浮きだし効果を見せる事ができる印刷技術です。通常のエンボス加工とは違い、専用の型押し加工や樹脂版を製作し、UVスポットニス印刷を行うなどの工程が無いので低コストでエンボス効果が得られます。

  • LCホログラム加工

    疑似エンボス印刷

    印刷紙と同等のリサイクル適正で環境に優しい

    従来のホログラムは、ラミネートのホログラムフィルムを貼るか、ホログラム箔押しが一般的でした。紙にラミネートを貼ることで、リサイクルにはあまり適さない加工でした。しかし、LCホログラムはフィルムではなく、樹脂を紫外線で硬化させ、その硬化塗膜の厚さはわずか3ミクロンほどしかないので脱墨性も良く、印刷紙と同等のリサイクル適正があり、環境に優しい加工です。また、耐磨耗性・耐水性・耐光性等に優れ、従来加工のように紙面全面ではなく、部分的に加工できるため、デザインに合わせて加工することが可能になりました。